つれづれ日記
布小物のhandmade shopを営む管理人の日々のつれづれごと。ブログから来た方は、どうぞshopにも立ち寄り下さいませ♪

プロフィール

tematema

Author:tematema
落花生王国在住
ぎーちゃん(娘)とだんなさん、ハル(犬)、あんこ(ハムスター)と暮らしてます。
好きな言葉:いそがばまわれ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さまよう刃

東野圭吾 さまよう刃
さまよえる刀

会社で借りて、一気に読み終わりました。
10月10日から映画で公開されますね。

乱暴され殺された娘の父親が、加害者の少年グループに復讐をする・・・
という話。

内容が内容だけに重い話です。
でも、被害者の父親がどうするのか

結末が知りたくて、一気に読みきりました。

私としては、虚しい終わり方だったかな。

この手の犯罪の小説やドラマを見て思うのは。

『うちの娘が被害者なら、まちがいなく復讐する』ってこと。

婦女暴行をするやつが、とても更生するとは思えないし、
そもそも、刑が軽すぎる。
私としては、二度と出来ないように去勢してしまえばいいと思う。
そしたら、その後自分の罪を忘れることもないだろうから。

っていったら、だんなさんに
『自暴自棄になって、凶悪犯罪するんじゃないか』
と言われた。

う~ん・・・。
どうかな。

ともかく。

こちらに落ち度がなくても犯罪に遭う可能性は十分にあるのだから
自己防衛をちゃんとしないといけないなと思いました。

ぎーちゃんもあと数年したら女子高生。
帰りも遅くなることもあるだろうし、行動範囲も広がるだろうし・・・。

一生心配事は尽きないのだろうなぁ。。。






スポンサーサイト

ハリー・ポッター 死の秘宝

51GFK3JURLL__SS400_.jpg

去年の4月に図書館で予約していた
『ハリー・ポッター 死の秘宝』の順番がようやく回ってきました

予約した時の順番は1000番台でした
いったい、いつになるのやら・・・と
思っていたけど、7月に発売してから、1年も経たずに順番が来たのは早いかも

でも実は。
去年の夏に、友人から借りて1度読んでいるんですよ~

でも時間を置いて、また読みたかったので
予約をそのままにしておいたんです

内容は知っていたけど、2回目の最終巻も
夢中で読んでしまいました~

最初に読んだときも衝撃を受け、納得がいかなかったのが
ウィーズリー家の双子の片割れが死んじゃったこと

双子好きだったから、彼の死は納得いかないなぁ・・・

最終章で、その後のことが書かれていたけど
生き残った片割れのことは書かれていなかったので
すっごく気になってます~

作者、そのうち書いてくれないかなぁ・・・


1度読むと、また1巻から読み返したくなるから
やっぱり『ハリー・ポッターシリーズ』は面白いのよね

この際。

全部揃えるか

とも思うけど。
置くスペースを考えると・・・・

悩むところです





ダイニング・アイ

ダイニング・アイ

今年最初に読んだ本

東野圭吾 ダイニング・アイです。

記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…。

というのが、Bookデータのあらすじです

読みやすいので、あっという間に読めます。
最初はミステリーっぽいんだけど、だんだんホラーっぽくなってきて
『世にも奇妙な物語』を見終わった後の余韻と似ているかな

私としては、う~ん・・・って感じです



大体、
本は、図書館で予約して読んでいるんだけど

パソコンで予約できるようになって
ホント、借りるのが楽になりました~

読みたい本って、借りられていることが多いから
予約しておくのが1番

今予約しているのが

『流星の絆 東野圭吾』と『ハリーポッター 最後の秘法』
あと、インテリア関係の雑誌

小説にいたっては、まだまだ500番近く順番待ちしなくては
いけないので、いったいいつ順番が回ってくるのやら・・・

って感じなんですけどね
気長に待つであります







ライラの冒険シリーズ

51XD5H916JL__SL500_AA240_.jpg

フィリップ プルマン作 ライラの冒険シリーズ(3部作)を読み終えました。

今年の春に第一部が映画化され
それを観て面白かったので
図書館で予約して読みました。

第1部の順番が来るのに
半年かかりましたよ~

第2部・3部は予約なし状態で
すぐ借りられたけど

映画も面白かったけど、本も面白いです。
話の展開が速いので、かなり長い話なんだけど
一気に読めちゃいます

1部は、まさに冒険の話って感じだけど
2部・3部と読んでいくと

ストーリーに、
聖書に出てくる、アダムとイヴの“堕落と原罪”が盛り込まれてきて

児童書というよりも、むしろ大人向けのように思えます。
子供が読むと、冒険ファンタジーに感じるのかなぁ??

ハリー・ポッターを面白いと思った人は
是非、ライラの冒険シリーズも読んでください

多分。面白いと思うので

★★★★★ 星5つです




探偵ガリレオ

garireo.jpg

福山雅治×柴咲コウで、去年の秋に放送されていたドラマの原作です。

ドラマが面白かったので、図書館に予約していたのです。
ようやく順番が回ってきました。


8ヶ月・・・。
長かったなぁ~

原作には、柴咲コウ役の人物はいないんですね~。

全部で5話入っています。
ドラマの半分ですね

ページ数も多くないので、割と淡々と話が進みます。
読みやすいけど、そこが物足りないといえば物足りなしかなぁ

一見オカルトのような事件を科学で解明するのだけど
理数系オンチの私には、字で読んでも

さっぱり・・・・・
想像が出来ませんでした

だいたい、いつもは映像よりも原作のほうが
面白いと思うのだけど

今回は逆でしたね~

柴咲コウ役の女性刑事が湯川と絡んだほうが面白いと思ったし。
科学的なことも、『百聞は一見にしかず』というように

見たほうが理解しやすい

『探偵ガリレオ』の続編として
『予知夢』という本があるのだけど

昨日、図書館で予約したら
予約件数件でした

『探偵ガリレオ』は、まだまだ予約いっぱいだったんですけどねぇ~

ガリレオを読んだ感想が、私と同じだったのかな
とりあえず。私は続編も読むけど

丁度来週から、探偵ガリレオの再放送が始まるんですよね~
タイムリーだわ

もちろん。
録画して見ますよ~







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。